お酒の話
ビールの話
  • ビールの話
  • ビールの種類と特徴
  • 下面発酵
  • 上面発酵
  • 自然発酵
  • ビールと発泡酒
  • ビールと発泡酒の違い
  • ビールの歴史
  • ビールの歴史について
  • ビールの楽しみ方
  • ビールの適温
  • ビールの注ぎ方
  • 泡とグラス
  • 油分大敵
  • ワインの話
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
お酒の話TOP  >  ビールの話TOP  >  ビールの楽しみ方|ビールの注ぎ方
ビールの注ぎ方についてご紹介します。
  • ビールの適温
  • ビールの注ぎ方
  • 泡とグラスについて
  • 油分大敵

注ぎ方一つで味わいが変わるのもビールの大きな特徴。 どうせならおいしく味わえるよう、正しい注ぎ方にこだわってみませんか。

1) グラスはまっすぐに置く
2) はじめはゆっくり、途中から勢いよく泡を立てきれいな泡の層を作る
3) 3分の2に達したところでスピードをゆるめ量を調節して注ぎ終える
注ぎ足しはダメ!

ビールの注ぎ足しは、炭酸ガスを逃がし爽快さを損ねます。飲み残しのビールはすでに温度が上がり、炭酸ガスも抜けているため、いくらそこにおいしいビールを注ぎ足しても決しておいしいビールを飲めません。再び注ぐなら、一杯を飲み干してからにしましょう。


「お酒コラム」ワインなビールの話 ワインの代用品となるビールの開発

ベルギーのビールには、ワインの代用品となるグルメビールやシャンパンビールと形容される個性豊かなビールが多数あり、何と1,000種類以上もの銘柄があると言われています。オレンジ、ハーブなどの濃厚な香りがするビール、白濁したフルーティーなビール、深紅の色をした甘酸っぱいビール、クリーミーな泡と洗練された苦味を持つビールなど、視覚、味覚ともに楽しめるユニークなビールが数多くあります。それらのビールには、専用のグラスがあり、ビールを全て注ぎ入れて、食事の時間の経過とともに変化する味わいを楽しむと言われています。しかし意外にもベルギーにおいては、多種多様、個性豊かなベルギービール(ベルジャンビア)が主流ではなく、世界的に主流となっているピルスナータイプのビールが最も親しまれているのです。

監修:橋口孝司
ビールの適温<BACK NEXT>泡とグラスについて
お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。