お酒の話
ビールの話
  • ビールの話
  • ビールの種類と特徴
  • 下面発酵
  • 上面発酵
  • 自然発酵
  • ビールと発泡酒
  • ビールと発泡酒の違い
  • ビールの歴史
  • ビールの歴史について
  • ビールの楽しみ方
  • ビールの適温
  • ビールの注ぎ方
  • 泡とグラス
  • 油分大敵
  • ワインの話
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
お酒の話TOP  >  ビールの話TOP  >  ビールの歴史
ビールの起源、普及と発展、市場拡大についてご紹介します。
ビールの起源(紀元前)

ビールは紀元前4000年頃には既に飲まれていたと言われています。メソポタミアで人類が農耕生活を始めた頃、収穫した麦を粉にしてパンを焼いたり、水に溶き、加熱して粥などにしていたようです。残ったものに、自然界に存在する野生酵母が入り込み、自然に発酵したのが、ビールの起源と言われています。

最古の記録は紀元前3000年頃、メソポタミアのシュメール人が残した『モニュマン・ブルー』と呼ばれる粘土の板碑で、これに当時のビールの造り方が描かれています。ただし当時は麦芽パンを砕いて水に入れ発酵させたもので、今のビールとはだいぶ違うものだったようです。

気温が高いこの地方では、生水よりも安全性、栄養価とも高い飲み物とされていました。


ビールの普及と発展(中世)

中世のヨーロッパでは、「ビールは液体のパン」「パンはキリストの肉」という考え方から、キリスト教の修道士の間でビール造りが盛んになりました。当時の修道院は、知識と経験の宝庫であり、彼らの造ったビールは品質も高かったため、次第に醸造量も増え一般の人にも広まりました。そして中世末期には民間でもビール造りが開始されました。

ドイツ・バイエルン地方の君主であったウイルヘルム4世は、1516年、当時のビールの品質の粗悪さを憂い、また地域特産品の保護を目的に、「ビール純粋令」を施行。その内容は「ビールは大麦の麦芽とホップ、酵母(まだ発見されてはいなかった)、そして水以外のものを用いて醸造してはならない」というもので、これによってその後のドイツビールの声価は高まりました。

今もなおドイツでは、国内で製造される下面発酵ビールでこの法律が守られています。

ビール市場の拡大(近世)

19世紀中頃に酵母の発見、そしてパスツール(フランス)の低温加熱殺菌法の発明(1865年)により長期保存が可能になり、またリンデ(ドイツ)の冷却機の発明(1875年)により下面発酵ビールが時期を問わず造れるようになり、市場が拡大しました。

一方、ハンゼン(デンマーク)による酵母の純粋培養法の確立(1883年)により、優秀な酵母だけの分離が可能になり、ピュアですっきりしたビール造りが実現。下面発酵ビールは世界の主流になっていきました。

監修:橋口孝司
ビールと発泡酒の違い<BACK NEXT>ビールの適温
お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。