お酒の話
日本酒・焼酎の話
  • ビールの話
  • ワインの話
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
  • 日本酒の種類と特徴
  • 特定名称酒による分類
  • 製造法による分類
  • 日本酒のおいしい飲み方
  • 日本酒のおいしい飲み方
  • 焼酎の種類と特徴
  • 連続式蒸溜焼酎と単式蒸溜焼酎
  • 原料による分類
  • 焼酎のおいしい飲み方
  • 焼酎のおいしい飲み方
お酒の話TOP  >  日本酒・焼酎の話TOP  >  日本酒の種類と特徴|特定名称酒による分類
日本酒の特定名称酒による分類をご紹介します。
  • 特定名称酒による分類
  • 製造による分類

日本酒は、製法の品質表示基準によって大きく次の3種類に分類されます。
吟醸酒

吟醸酒とは精米歩合60%以下の白米と米麹及び水、またはこれらと醸造アルコールを原料として吟味して造った酒で、固有の香味及び色沢が良好なものです。

純米酒

純米酒とは白米、米麹及び水を原料として造った酒で、香味及び色沢が良好なもの。文字どおり米だけで造られた酒です。

本醸造酒

本醸造酒とは精米歩合70%以下の白米、米麹、醸造アルコール及び水を原料として造った酒で、香味及び色沢が良好なもの。

また上記以外にも製造上の特徴から様々な日本酒があります。

特定名称酒は、上記3種類にさらに条件を厳しくした「大吟醸酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」「特別純米酒」「特別本醸造酒」の合計8種類の表示が認められています。
特定名称酒に分類されない一般酒(普通酒)は日本酒全体の70%を占めています。
※日本酒は、日本の酒税法上では清酒に分類されますが、便宜上「日本酒」と表記、記載します。そのため清酒は任意に記載できるものがあります。それは、原料米の品種名、産地名、貯蔵年数、樽酒、「極上」、「優良」、「高級」等品質が優れている印象を与える用語、受賞の記述が認めらています。

「お酒コラム」”冷や”と”燗”の温度表現 酒は温度で味が変わる

古来の日本では“冷や”の表現を「雪冷え」「花冷え」「涼冷え」と分け、“燗”の表現は「ひなた燗」「人肌燗」「ぬる燗」「上燗」「熱燗」「飛び切り燗」と現在よりもきめ細かく分けて表現していました。日本酒はワインと違って香味の幅が狭いにもかかわらず、昔の人は微妙な違いを感じとっていたことが垣間見えます。さらに戦前の飲み屋さんには“燗番娘”と言って酒の燗の番だけを専門に行う娘さんもいたそうです。温度によって味が変わることを大切にしていた時代を見習い、同じ“冷や”でも、飲む1時間程前に冷蔵庫に入れたり、レンジで“燗”をするなら、別の徳利に移し変えてみるなど、現代流の工夫を凝らすのも奥ゆかしい日本酒の楽しみ方なのかも知れません。酒を入れた銅や錫のチロリを、お湯を張った燗銅壺に浸し、好みの温度でゆっくりと燗付けをするというこだわりの飲み方もあります。

監修:橋口孝司
日本酒・焼酎の話TOP<BACK NEXT>製造法による分類

お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。