お酒の話
日本酒・焼酎の話
  • ビールの話
  • ワインの話
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
  • 日本酒の種類と特徴
  • 特定名称酒による分類
  • 製造法による分類
  • 日本酒のおいしい飲み方
  • 日本酒のおいしい飲み方
  • 焼酎の種類と特徴
  • 連続式蒸溜焼酎と単式蒸溜焼酎
  • 原料による分類
  • 焼酎のおいしい飲み方
  • 焼酎のおいしい飲み方
お酒の話TOP  >  日本酒・焼酎の話TOP  >  焼酎の種類と特徴|焼酎のおいしい飲み方
焼酎のおいしい飲み方についてご紹介します。
お湯割り

本格焼酎のお湯割りは、度数が25度の場合、焼酎6割、お湯4割の "ロクヨン" にすると、アルコール度が15度で、温度も日本酒の燗とほぼ同じになり、旨みや甘みが増しソフトな飲み心地になります。作り方は、陶器製カップなどにまずお湯を入れた後に焼酎を加えます。お湯を先に入れると、温度の高いお湯が上昇し、焼酎と上手く混ざり合うと同時に、焼酎が温まることによって香りがほのかに立ち昇ります。好みの濃さと温度で楽しんでください。

水割り

水割りは、香りと風味を残しながら、本格焼酎と泡盛がよりマイルドに楽しめる最も一般的な飲み方です。清涼感があるので、暑い季節にピッタリ。水で割ることで口当たりがより柔らかくなります。濃さはお好みで。

オン・ザ・ロック

グラスに氷を入れて、本格焼酎または泡盛を注ぎます。冷やされると一段と爽やかさを増し、おいしくなります。甕(かめ)や樽貯蔵の焼酎にオススメです。

燗酒

鹿児島の伝統的な飲み方。黒ジョカ(焼酎専用の酒器)などにあらかじめ焼酎を水で割り、1日か2日なじませておきます。これを適度な温度に燗をして飲むと格別です。


(お酒コラム)おいしいロック焼酎の話 トッピングで好みの味を楽しむ

焼酎をロックでおいしく飲むには、よく冷やした器に氷を入れ、好みの量の焼酎を注ぎ、すぐには飲まずに器を両手に挟んだ状態で、10回ほど前後に動かしながら回転させるのがポイントです。焼酎と氷をよく馴染ませることでよりおいしいロックが完成します。芋、米、麦、黒糖などの原料の風味が持ち味の単式蒸溜焼酎(旧:焼酎乙類)の場合には、器にたっぷり注がず、半分くらいまで注いで止めるのもポイントです。たっぷり入れ過ぎると香りがグラスから散逸してしまい、香りを楽しむことができないためです。連続式蒸溜焼酎(旧:焼酎甲類)の場合には、梅、ライム、ウーロン茶、山葵等のトッピングで、好みの味を楽しむことができます。柑橘系のレモン、ライム、すだちのスライスなどを焼酎に浮かべて冷蔵庫で二、三日寝かせ、飲む直前に氷を入れて飲むロックもこだわりの飲み方としておすすめです。

監修:橋口孝司
原料による分類<BACK NEXT>日本酒・焼酎の話TOP

お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。