お酒の話
ワインの話
  • ビールの話
  • ワインの話
  • ワインの種類
  • 色や発泡酒による分類
  • 製造法による分類
  • 主なブドウ品種
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ワインの産地
  • 主な産地
  • ワインの楽しみ方
  • 代表的なワイン瓶の形
  • 代表的なワイングラスの形
  • テイスティングの仕方
  • ワインの飲み頃温度
  • ワインの正しい保管方法
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
お酒の話TOP  >  ワインの話TOP  >  ワインの楽しみ方|ワインの正しい保管方法
ワインの正しい保管方法についてご紹介します。
  • 代表的なワイン瓶の形
  • 代表的なワイングラスの形
  • テイスティングの仕方
  • ワインの飲み頃温度
  • ワインの正しい保管方法

光

日光はワインを変質させます。直射日光を避け、できるだけ暗い場所で保管しましょう。

温度

高い温度はワインを変質させます。比較的涼しく(理想は15℃前後)、温度差の少ない場所を選びましょう。

湿度

理想の湿度は65〜80%。高すぎるとラベル等にカビが発生する場合があります。ただし品質には特に影響はありません。

振動

振動も変質の原因になります。振動や物理的ショックの少ない静かな場所を選びましょう。

におい

ワインはコルク栓を通してにおいを吸収しやすいので、野菜や薬品、オイル、塗料等と一緒に置かないようにしましょう。

置き方

コルク栓が乾燥すると、そこから空気が入りワインを酸化させる可能性があるため、ワインは必ず横に寝かせて保管しましょう。


「お酒コラム」生牡蠣と赤ワインを美味しくいただく話 知恵と工夫でワインと料理を楽しむ

フランスのボルドー地方では、赤ワインに合わせる習慣、文化があるようです。生牡蠣、チョリソー、赤ワイン、パンの順に食べることで、本来はあまり相性が良くない生牡蠣と赤ワインを一緒に楽しんでいるそうです。
生牡蠣といえば、白ワインが先に浮かぶのが一般的ですが、彼らは赤ワインと生牡蠣の組み合わせを同時に楽しむ知恵と工夫を編み出したのです。
ワインと料理の相性は、その料理に何を付けて食べるか?という調味料を選ぶような感覚でワインを選ぶと良いようです。

監修:橋口孝司
ワインの飲み頃温度<BACK NEXT>ワインの話TOP
お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。