お酒の話
ワインの話
  • ビールの話
  • ワインの話
  • ワインの種類
  • 色や発泡酒による分類
  • 製造法による分類
  • 主なブドウ品種
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ワインの産地
  • 主な産地
  • ワインの楽しみ方
  • 代表的なワイン瓶の形
  • 代表的なワイングラスの形
  • テイスティングの仕方
  • ワインの飲み頃温度
  • ワインの正しい保管方法
  • その他の洋酒の話
  • 日本酒・焼酎の話
お酒の話TOP  >  ワインの話TOP  >  主なブドウ品種|白ワイン
白ワイン用のブドウの主な品種についてご紹介します。
  • 赤ワイン
  • 白ワイン

シャルドネ

シャルドネは白ワイン用の代表品種です。独特の香りと酸味、コクを持ち、切れ味の良いワインができます。樽熟成すると酒質が向上してバニラやナッツの香りになります。
フランス・ブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方の指定品種としてよく知られています。

リースリング

リースリングはドイツを代表する白ワイン用品種です。上品で軽やかな花の香りと、フルーティーで爽やかな酸味を持つ、切れ味の良いワインになります。モーゼル及びラインガウで多く栽培され良質のワインが造られています。また、オーストラリアではライン・リースリングと呼ばれています。

ソービニヨン・ブラン

ソービニヨン・ブランは主にフランスのボルドーやロワール地方のサンセールで栽培されます。青草のような独特の香りがあり、辛口で爽やかな酸味を持つワインになります。

セミヨン

セミヨンはボルドーのソーテルヌ地区やグラーブ地区の主要品種です。酸味が乏しいので通常はソーヴィニヨン・ブランとブレンドされます。ソーテルヌ地区の貴腐ワインは有名です。

シュナン・ブラン

シュナン・ブランはフランスのロワール河中部地区の主力品種です。フレッシュな酸味が特徴で、スパークリングワインなどに良い品種です。カリフォルニア、南アフリカでもよく作られています。

ミュスカデ

ミュスカデはロワール河下流地区の主要品種です。軽くてフルーティーなカジュアルワインとして最適なワインになります。

ゲヴェルツトラミナー(アルザス、ドイツ産)

ゲヴェルツトラミナーはフレッシュなマスカット、ライチ、薬草のような独特の香りがし、フルボディでタッチが柔らかく、一度飲んだら忘れられない味のワインになります。

ベルデッキオ(イタリア)

イタリアで広く栽培されているブドウ品種で、マルケ州を代表する白ワイン、ベルデッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イェージの主要ぶどう品種です。果実の上品な香りと程良い酸味をもち、後味に適度なほろ苦さが残る辛口ワインです。

甲州(日本産)

甲州は主に山梨県で栽培されており、古くからある日本を代表する品種です。生食兼用で、フルーティーな香りがする酸味のおだやかなやさしい口当りのワインとなり、和食にも良く合うとされています。現在では、メルロー、カベルネ・フラン、シャルドネなど、フランス系の品種が多く栽培されるようになってきました。


監修:橋口孝司
主なブドウ品種|赤ワイン<BACK NEXT>ワインの主な産地
お酒の話 ビールの話 ワインの話 その他洋酒の話 日本酒・焼酎の話
未成年の飲酒は法律で禁止されています。健康のため飲みすぎには注意しましょう。