母子健康協会 > 小児医学研究への助成 > 平成17年度
平成17年度(第18回)小児医学研究助成



研究助成審査員


委員長 吉岡 章 (奈良県立医科大学医学部小児科教授)
委 員 泉 達郎 (大分大学医学部小児科教授)
近藤 直実 (岐阜大学医学部小児科教授)
千田 勝一 (岩手医科大学小児科教授)
吉川 徳茂 (和歌山県立医科大学小児科教授)
総額


1,300万円


  代表研究者 研究課題 助成金
1 中西 浩一
和歌山県立医科大学小児科
溶血性尿毒症症候群の分子遺伝学的研究 120万円
2 小財 健一郎
久留米大学高次脳疾患研究所・遺伝子治療再生医学部門
小児固形癌を効果的に治療できる新規の増殖制御型アデノウイルスの開発 150万円
3 松井 永子
岐阜大学大学院医学系研究科分子・構造学講座遺伝発生学分野
アレルギー疾患の病態解析に基づいた新たな診断法の確立 140万円
4 道上 敏美
大阪府立母子保健総合医療センター研究所環境影響部門
リン代謝異常症における骨成長障害発症機序の解明 110万円
5 大賀 正一
九州大学病院周産母子センター小児科
先天性赤芽球癆の病因および病態解析 140万円
6 中沢 洋三
信州大学医学部小児医学講座
小児造血幹細胞移植後のアデノウィルス感染症における診断・治療法の開発および発症機序の解明 120万円
7 岩下 寿秀
愛知医科大学医学部病理学講座
交感神経系幹細胞の分離と神経芽腫研究への応用 120万円
8 熊本 忠史
三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻病態解明医学講座
造血細胞移植患者に対する、免疫抑制を惹起しない麻疹ワクチンの開発 140万円
9 佐々木 美香
岩手医科大学小児科学講座
人工肺サーファクタント研究に適したウィルヘルミ―型表面張力計の開発 120万円
10 井上 健
国立精神・神経センター神経研究所疾病研究第二部
超未熟児に伴う脳障害の病態研究 ― 神経幹細胞障害モデルと幹細胞移植治療への展望 140万円

(受付順)


母子健康協会 > 小児医学研究への助成 > 平成17年度
事業内容のご紹介 協会の概要活動の概要設立の経緯協会のあゆみ健康優良幼児表彰の歴史
最近の活動のご紹介
小児医学研究への助成 機関誌「ふたば」の発行シンポジウムの開催 Link:Glico