母子健康協会 > ふたば > No.77/2013 > 寄稿 「こどもの発熱の原因とその対処法」 > 緊急性の判断

寄稿 「こどもの発熱の原因とその対処法」

九州大学大学院医学研究院 成長発達医学分野 小児科教授 原 寿郎先生

緊急性の判断

まず緊急の処置を要するものか否かを判断するため患児の全身状態、意識、バイタルサイン(呼吸、循環、体温、血圧)、出血傾向などを確認します。41℃以上の体温では迅速な対応が必要です。乳幼児では、@刺激過敏性、反応性低下、傾眠傾向、視線が合わない、Aチアノーゼ、蒼白、B脱水所見、C弱い泣き声、泣き続ける、Dミルクを飲まない、食欲低下、E微笑みがない、に加え活気、表情、筋緊張、皮膚色、易刺激性などにも注意を払います。

母子健康協会 > ふたば > No.77/2013 > 寄稿 「こどもの発熱の原因とその対処法」 > 緊急性の判断
事業内容のご紹介 協会の概要活動の概要設立の経緯協会のあゆみ健康優良幼児表彰の歴史
最近の活動のご紹介
小児医学研究への助成 機関誌「ふたば」の発行シンポジウムの開催 Link:Glico