母子健康協会 > ふたば > No.74/2010 > 保育における食物アレルギーの考え方と対応 > 4.総合討論(17)

財団法人母子健康協会 第30回シンポジウム 「保育における食物アレルギーの考え方と対応」
4.総合討論(17)

質疑応答

―アトピー性皮膚炎をきれいにするには4カ月から5カ月で勝負をつけたいと言っていたのですが、アトピーっぽいなあと思ったら受診は勧めますけれども、アレルギーの検査で採血とかをしたほうがいいと勧めるのは、どれくらいが適当なのでしょうか。お医者さんによっては、1歳を過ぎてからやったほうがいいといって、お母さんが希望してもやらない先生もいるので、教えてください。

海老澤アレルギーの検査というとIgE抗体を調べるということで、皮膚テストか血液の検査になりますけれども、もし重症の場合は、2カ月以降だったらいつやってもいいです。要は年齢でどうこうというのは、2カ月以降なら、必ず出てきますね。IgE抗体をつくるのにある程度日数が必要で、生まれた後にアレルゲンに暴露されるから、基本的には2カ月以降になると思いますけれども、重症例であれば、3カ月だって4カ月だってちゃんと見つかります。

私たちは、それを参考にしながら診断をしていきます。それが出たからといって、全く無症状だったら何もしないし、通常、症状がなかったらやらないんですね。皆さんにお伝えしておきたいのですが、症状がない赤ちゃんに対して全員採血をやると、100人のうち30人はIgE抗体陽性になります。これは卵に対してです。そのうち食物アレルギーを持っている人は10人弱です。だから、何にもない人に対して採血をしてはいけないです。何にもない人に対して検査をやってはいけない。湿疹がしつこくあってステロイドをやっても治らないとか、あくまでもそういう人に対してやるべきです。

ただ、1歳以降でなければやっても意味がないというのは、それは、本当のことを知らない先生だと思います。

前川いまの「重症」というのは、いかにお子さんが困っているかということと、親御さんがいかに困っているかということから判断してください。

母子健康協会 > ふたば > No.74/2010 > 保育における食物アレルギーの考え方と対応 > 4.総合討論(17)
事業内容のご紹介 協会の概要活動の概要設立の経緯協会のあゆみ健康優良幼児表彰の歴史
最近の活動のご紹介
小児医学研究への助成 機関誌「ふたば」の発行シンポジウムの開催 Link:Glico